ジープ

海外生産

ジープは一応商標所有をされているので勝手に制作することはできません。故に、ライセンス生産をしないといけません。そのライセンス生産をしているところを説明していきますね。

 

まず、フランスではオチキス社で1954年にライセンス生産をしています。このオチキスは武器兵器関係の製造をしていたフランスのメーカーでありますので、戦争用としてライセンス生産をしていたかもしれませんね。その後オチキスで製造されたジープが戦地に行ったかはわかりません。

 

次に、旧ソ連があります。これに関しては第二次世界大戦中にアメリカの物資援助で運ばれたジープのコピーをしたので、ライセンス生産をしているわけではありません。まあ、戦争中でしたのでライセンス生産がどうとかは考えることはできませんね。ちなみに、ソ連や旧共産圏、中国、北朝鮮、モンゴルで配備をされたそうです。そして日本でのジープに関しては、ウィリス社のジープをノックダウン生産したことがあるのですが、陸上自衛隊の採用中止に伴い生産終了をしているのでジープ自体は開発されていません。

 

他にも中国や韓国、などがライセンス生産を行なっており、ミャンマーが国産化していますね。このように多くのところでジープが開発されているのです。